水中撮影

NPO法人 SWIM SUPPORT

水泳を科学する スポーツを応援する集団

gum11_ph10077-s.jpg

| HOME | 事業内容 |

水中撮影

なぜ水中撮影が必要なのか?

自分自身の水中映像を見たことはありますか?
多くのスイマーが自分の水中動作を自分自身で見たことはありません。
コーチも水中に潜って肉眼で見る以外あまり方法はありません。
陸上からのフォームについて、あれこれ修正をしても効果が表れないケースも多いのではないでしょうか?

自分の目でみてコーチと共に泳ぎを修正し、より抵抗の少ない泳ぎを追及しましょう!

継続して撮影する事によりモチベーションのアップが期待でき、練習の課題も確認できるはずです。

前からの撮影

前2.jpg


前から撮影する事で、キャッチのポイント
左右のバランスを確認できます。

横からの撮影

背泳ぎ.jpg


横からの撮影で、ストリームライン、腰の位置が確認できます。

横からの撮影

Fr.jpg


キャッチポイント、ひじの動き、キックの幅が確認できます。

撮影会手順

IMG_0813.JPG
撮影後、すぐにレクチャーできるようセッティングをします。
体操場などプールに隣接している場所にレクチャーコーナーを設置します。
機材はこちらで用意いたします。

IMG_0814.JPG
グループ分けをして水中撮影を行います。
あらかじめグループ分けしておくとスムーズに進みます。

IMG_0817.JPG
泳ぎ終わった子供たちは着替えてすぐに担当コーチからレクチャーを受けま
この間にUSB、ハードディスクにデータをコピーします。
家に帰って再確認しましょう!

撮影費用

撮影費用
1名2,000円から5,000円を目安にご検討下さい。
撮影時間等、撮影アングルによって変更できます。
機材維持費
1チーム 10,000円

水中カメラ、その他費用として

出張交通費
応相談とさせていただいております。